トップ画像

ストレス解消のために

日常生活のなかでストレスが溜まっていると感じた時、人はどんな解消方法をとっているでしょうか。
アウトドアなどで身体を動かすという人もいれば、趣味に没頭できる時間を作る人もいるでしょう。
ですが、ストレスが溜まっている時というのは往々にして「なにもしたくない」「面倒くさい」と感じてしまうことが多いのではないでしょうか。
だからこそストレスが溜まっていると自覚した時、もっとも手軽な解消方法として「食べること」を選ぶ人は少なくないでしょう。

「おいしいものを食べるとストレスが軽減される」「お腹が満足すればストレスを感じなくなる」という考えは一般的に広く浸透しているかもしれませんが、それはある意味正しく、ある意味間違いでもあると言えます。
しかし、ただ食べればいいのかとコンビニやスーパーで簡単に買えるスナック菓子やファストフードなどを手っ取り早く食べてストレス解消しようとする人もいるかもしれません。
それではかえって健康を害してしまうことになりかねないので注意する必要があります。
正確には「ストレスを軽減するためには甘いものや肉を食べることが有効であり、そうしたものをしっかり摂取すればストレスが軽減されることもある」ということです。

では、甘いものや肉類をどう食べればストレスを軽減することができるのでしょうか。
肉類には抗ストレス効果のあるドーパミン、セロトニンといった神経伝達物質の原料となるチロシン、トリプトファンなどが含まれています。
ストレスを解消するには脳を活性化させ、セロトニンなどの幸福を感じるホルモンの分泌を促すことが大切なのです。
また、脳の活性化には甘いものが効果的です。
脳がもっとも効率よく吸収することができる甘いものといえば「ブドウ糖」ですが、ブドウ糖自体をそのまま食べても食べる楽しさを感じられず、逆にストレスになりかねません。
どうせ甘いものと肉類を食べるのであれば、美味しく食べたいものです。

そこで最近人気のミール系のパンケーキを食べるのはいかがでしょうか。
熱々のパンケーキにこんがりと焼かれたソーセージや、厚切りのベーコンなどが添えられているだけでなく、新鮮な野菜もとれます。
ストレスが溜まっている時にはぴったりのメニューと言えるでしょう。
もちろんパンケーキにはフルーツやコンフィチュール、生クリームなどの甘いものをトッピングできるので、一緒に糖分を摂取できるのもお勧めする理由のひとつです。
ストレス社会と言われている現代において、パンケーキはストレス解消に効果がある身体に優しい食べものであり、食欲を増進してくれる視覚効果も抜群の一品なのです。