風邪を予防するなら

小さい頃、風邪をひいて食欲がなくなったとき、冷やした桃の缶詰を食べさせてもらったという経験がある人はずいぶんと多いのではないでしょうか。
なぜミカンやパイナップルの缶詰ではなく、桃の缶詰だったのだろうと不思議に思われるかもしれませんが、それには根拠があるのです。
甘くて口当たりがいいからという理由だけでなく、他の果物に比べて桃は加工してもビタミン類が損なわれにくく、特に風邪をひいた時に多く摂った方がいいと言われているビタミンCは、フレッシュなものより缶詰にした方が増えるという研究結果があるのです。
そのことから「風邪をひいたら桃の缶詰」という図式が成り立ったのです。

ビタミンCは免疫力を高めてくれる効果があるので、桃の缶詰に限らず、風邪の予防としてフルーツを食べるように言われた人も少なくないでしょう。
風邪をひきやすい人などは、季節を問わず、フルーツや野菜を十分食べるよう心がけることが大切です。
ですが、「フルーツを買って食べるのは皮を剥いたり切ったりするのが面倒くさい」「野菜はともかく、価格の高いフルーツにはあまりお金を割けない」という人もいるでしょう。
そんな人にお勧めなのが、ランチタイムやおやつのメニューとしてパンケーキを選ぶことです。

パンケーキはフルーツと相性抜群で、季節によっては旬の果物がたっぷり使われたメニューが楽しめます。
また、ランチやディナーメニューとして提供されているミール系のパンケーキには野菜がたっぷりと添えられています。
自分で野菜やフルーツを買っても食べきれずに捨ててしまったり、逆にまとめ売りが多くて手を出せなかったりでなかなか購入することができないという場合は、パンケーキ専門店へ足を運ぶことをお勧めします。
体調の変化を感じて「風邪かな」と思った時も、ふわふわのパンケーキなら食べられるでしょう。

日頃からビタミンCを摂れば風邪の予防になり、風邪をひいてしまってからでも、ビタミンCを摂ることで症状を軽くすることができると言われています。
風邪をひきやすい季節には、ランチやスイーツとしてフレッシュな野菜やフルーツがのったパンケーキを専門店に食べに行ってみましょう。
風邪は、昔から「万病のもと」と言われ、実は油断できない病気でもあります。
風邪予防のためにしっかりビタミンCを摂ることが大切なのです。
おいしいだけでなく、ビタミンCを摂ることができる、身体に優しいパンケーキを、ぜひ予防に活用してみてください。